自然農園 「もと屋」 〜 自然の恵みと土の力で育った自然栽培のお米、りんご、梨などを農家直送でお届けします 〜

自然栽培で、お米、りんご、梨、柿、栗、梅などを栽培しています。 今後はスモモ、モモ、イチジクや柑橘類なども増やしていく予定です。

幻に終わった奇跡の梨「幸水」

ちょっと大げさなタイトルでしたが、
なんと自然栽培2年目にして、「幸水」がほぼ収穫までたどり着きました。これが奇跡的です。
幸水は昨年の夏にすべて葉が落ち、秋に花が咲いていたので、今年は花が咲かないと思っていたのですが、
全体の1割くらいでしょうか、奇跡的に花が咲いた経緯があります。

2014081810110000
これまで順調に生育し、もう少しで美味しい幸水が食べられると期待していた矢先、
まず「先日の台風」で約半数が落果、
さらに、収穫直前になって「ハクビシン」にやられほぼ壊滅となりました。
昨年まではハクビシンの被害は無かったので、大誤算でした。


2014082815380000
その後、ハクビシン対策として、圃場周囲にネットを張り巡らせました。
木登り上手のハクビシンも、このネットは登れまい・・・
これで万全といいたいところですが、イノシシが悪さをしないかと心配しています。

豊水と新高のほうは、これまた葉が落ちず、実も大きくなり続けています。
どうか無事収穫できますように。


P1060685
ハクビシン被害前、わずかに残った完熟前の幸水です。
糖度は低いですが、スッキリした甘みです。食べ比べると慣行栽培のものはヌタッとした甘さとでもいいますか・・・

梨園の様子

今朝は今年自分がお清め(酢散布)した日では一番穏やかな日でした。
朝6時から8時半くらいまでかかるのですが、たいてい半ば過ぎから風が強くなり作業しづらくなるのがこれまでのパターンでしたが、今日は最初から最後まで風にあおられることなく、気持よく作業できました。

さて、芽が出てから約3か月経過した梨園の様子です。
多少病気が出てまずが、今のところ落ち着いています。虫も昨年ほどではないような・・・と淡い期待。
2014070108190000









こちらは昨年の7月上旬の様子。
これを見ると今年とあまり変わりませんね。昨年はここから病気がひどくなり、虫も大量発生しています。
2013070909280000









並びが奇麗だったので撮りました。
2014070117310000

トラウマのチェーンソー

2014031916370000
今日は柿の剪定のため、久しぶりにチェーンソーを使いました。

この柿の木は、父が植えてもう20年くらい、肥料もやらず当然農薬散布もなしの放任自然栽培(笑)
剪定もかなり適当にやっていたようで、去年も少しは剪定したのですが、今年改めてみてみると、伐っておくべき太い枝があるわあるわで・・・鋸では腕がもたないって事でチェーンソーです。

柿とチェーンソーには深いトラウマがあり、今でも夢にも出てきそうなくらいです。
(注・・・)傷口や縫合が苦手な人は見ないでください(汗)
なのでとにかく慎重に、たぶん傍から見ると、かなりへっぴり腰になっていたかと(^^;
そして、かなり重たいチェーンソーなので、明日はきっと筋肉痛だな。


2014031911220000
梅の蕾がほころび始めています。
ウグイスの声も聞こえ始めました。
「春」ですね。



糀が完成

blog糀完成1
blog糀完成2
見事に糀っぽくなりました。
こう書いてみて、不安になったので、ちょっとかじってみた。
・・・市販のものってこんな味だったっけ???
いや、たぶんこんな味だったと思いたい(汗)


些か心配ですが、今回はこの糀を使って、味噌を仕込んじゃいます。
味噌の1世帯平均の消費量は6kgほどなんだそうです。
(我が家はたぶん10kgを超えてるのでは(^^;)



blog糀完成3
一昼夜水に浸しておいた大豆を、大鍋でコトコト煮ています。
出来上がりで15kgくらいになる予定です。

糀の手入れ1回目

blog糀2-2
温度が40℃を超えたので、1回目の切り返しをしました。
(温度が上がり過ぎると、糀が死んでしまう)









blog糀2-1
覆いを開くと、見事に糀の花が咲いていて、ちょっと感動。
部屋中に糀のいい香りが充満しています。

糀作りにチャレンジ

blog糀

人生初となる、種麹からの糀作りにチャレンジ中。
蒸したお米に種麹をふり混ぜて、30℃で保温中です。

本当は玄米でやってみたかったのですが、難しいようなので今回は五分づきでやってみました。
糀作り、一度は経験しとかないと、と思い始めた見たのですが、なかなか手間のかかる品ですね。

明日の昼前くらいに、一度目の手入れ予定。
さて、どうなりますか! ワクo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワク

剪定をボチボチ始めています。

コピー 〜 2014020713390001
久々の投稿です。
冬の時期、荒天の日は、室内で加工品作り・事務作業などをやっていますが、今日は天気が良かったので畑で剪定作業をしました。
まずは梨園の脇に植わっている柿の木。1年剪定をしていなかったので、だいぶ枝が混んでいます。
まだ途中ですが、柿だけでも剪定枝は写真の10倍位は出そうです。
梨もこれからだし、リンゴもこれからなので、枝処理の事を考えると、薪ストーブや薪ボイラーが欲しくなります。
でも年中使う事考えると、薪を工面する仕事も増えるし、設備投資もあるので、大変悩むところです。

コピー 〜 2014020713390000


MROラジオ収録

P1050574
MROのラジオ収録で、福島彩乃アナが我家にいらっしゃいました。

最近のアナウンサーは、収録も編集も自分でやってしまうのだとか。
ジュニア野菜ソムリエの資格もお持ちで、能登出身、出身大学も同じということもあり、すっかりファンになってしまいました。

無農薬りんご栽培への想い、取り組みなどを紹介していただける予定です。
MROラジオ放送 "Be美ソムリエール"内にて、2回に分けて放送されます。
 1月4日 (土) 8時半〜
 1月11日(土) 8時半〜

トラクター倉庫に屋根をつける

2013121914350000
昨年の大雪でパイプ倉庫の屋根(シート)が破れて、トラクターが長い間、野外に・・・

ですが本日、
ようやく屋根が完成。

製作途中、瞬間最大風速30m強に見舞われたようでしたが、ビクともせず。
これで安心です。
来年の野菜作に頑張ってもらいましょう。

リンゴとミカンの選別など

2013110415340001
2013110414530000
今日はみかん、りんごを選別しながら傷んだものを試食していました。




2013110416530000
写真撮影用にりんごとみかんを並べたのですが、りんごの小ささが良く分かります。
それでも最後まで頑張ってくれたチビりんごがより愛おしく感じられます。
糖度を測ってみたところ、僅かですが生食可能なリンゴもありました。

ついに遭遇! ナシ園にて

2013110209540000
久しぶりにナシ園の様子を見に行ってきました。
ナシの方も、リンゴと同じく、一度葉が落ちています(りんごよりも早い時期でした)
秋に来年出るべき芽が吹いて、今はこんな感じになっています。



2013110210060000
秋に咲いた花が、ところどころ実をつけてしまっています。






inoshishi
様子を見終わり、帰ろうとしたら・・・・
「ブヒッ、ブヒッ」 という声が・・・

これまで色々被害に遭ってきて、初めて見るイノシシ。縞模様のウリ坊ばかりだったようです。
子供だけで行動するのでしょうか。
「人間を見ると突進してくる」と聞いていたのですが、こちらの気配に気づくと、逆に逃げて行きました。
親が居たら違ったのかも(^^;

いつも憎々しいと思っていた相手でしたが、実際見ると、短い脚をちょこまかと走る姿は愛嬌がありました。
何とか、被害を受けずに共存していけたらいいですが。

無農薬りんごの経過です。

2013101016290000
8月中にすべて葉が落ち、りんごは一年が終わったと思ったようです。
9月に入りが咲きました。
来年咲くべきだった花です。
もう来年は殆ど咲かないかも知れません。






2013102815180000
咲いた花、着果しないと思ってたのですが、10月に入り、幾つかは小さな実になっていました。
(右上の赤みがかった小さな実)
左手前の実は春から着いていますが、途中で葉が落ちたため、ビリヤードの玉くらいの大きさで止まってしまっています。
ちなみに大体平均すると6割〜7割の実が病害虫で落下してしまった感じです(樹によって大幅に違いあり)




2013101015410000
来年開くはずだった葉芽も開き、春先のような葉が開いています。
再度、斑点落葉病(赤茶色の斑点がそれ)が発生し、落葉を始めています。
紅葉までは無理かな、という感じです。







2013102815120000
今日は病害虫除けの為に掛けていた果実の袋を外しました。
生食用は無理かなと思っていたのですが、ほんの僅かですが、もしかすると、との思いで袋を外す事にしました。(掛けたままだとずっと緑色のままなので)
11月に入ったら残った実を順次収穫して、いくらかでも「干しリンゴ 無農薬バージョン」が出来ればなぁと考えています。

柿の収穫

2013102312350000
柿は無肥料・無農薬でも、甘い実を成らせてくれる、とても有難い果樹ですね。
春に自然栽培流で剪定したのが良かったのか、今年は立派な実が付きました。







2013102013200001
関係ないですが、キアゲハの幼虫でピースサインする自然育ちの娘。

紫黒もち米、未だ脱穀できず

2013101514190000
台風などで、脱穀できずに居た、天日干しの「紫黒もち米」
これ以外にも相当量やられてしまいました (>_<)

2013101514190001
犯人の足跡です。
廻りの田んぼが稲刈りを終え、電気柵を撤去してしまったのが原因です。
これ以上継続は無理と判断し、すべての稲束を軒先へ避難させました。

他にも、法面周りの排水溝を荒されたりと、被害が出ています。
台風や干ばつならば、自然災害と諦めがつくのですが・・・。

自然の恵み100%の新米。

美新米
先日、コシヒカリとミルキークィーンの籾擦りをしてきました。

出穂時に畦際に酢散布したのが効いたのか、今年はカメムシの害が皆無?といっていいほど、綺麗な玄米です(^-^)


ただ、収量については昨年より淋しい結果に終わりました。
無肥料栽培に移行すると年々収穫量が減少し、3年目に底をうち、そこから回復するというV字を描くそうですが、ちょうど今年がその3年目でした。
コシヒカリ反あたり3俵弱・・・。ミルキーに至っては2俵弱・・・。
このあたりは慣行で7俵ほどらしいので、コシヒカリの場合で4割ほどは獲れている事になりますが、イノシシに入られた事、イナゴの害を考慮しても厳しい数字です。
ここからV字回復をするため、人がやれる事は徹底的にやっていきたいと思います。来年こそ!

2013092510520000
ミルキーの草丈が低すぎて、コンバインで刈ってもこぼれ落ちてしまうので、手刈り中の図。

栗拾い

栗しゅうかく
稲刈りの合間に栗拾い。
今年は稲刈りのタイミングと重なってしまい、収穫が遅れてしまいました。






栗いのしし
この通り、イノシシ?に食べられてしまい、収穫半減・・・(泣)







2013100519480000
15年以上、自然の恵みだけで育っている栗です。
我が家で栗ごはんにしてみました。
塩味だけだけど、う〜んまぃ♪

紫黒もち米の稲刈り終了!

バインダー中
晴れが続いたおかげで、ぬかるんだ田んぼに本日ようやくバインダーが入れました。
昨年までは手刈りでしたが、今年からバインダーのお世話になっています。
コンパクトで低燃費、レトロでスローな感じがとても良い感じの機械で、かなり気に入りました。

稲束とハサ
収量的にはたぶん昨年並かと思いますが、今年はチェーン2回、条間除草1回で、手取り無しだったことを考えれば、向上できたように思います。
欲を言えば、刈取りをもう少し早く終えられれば良かったですが天候ばかりはどうにもなりません。



天日干し全景
イノシシの被害も最小限に留まり、今年も無事収穫にたどり着けたことに大いに感謝しなければなりませんね。

稲刈りホリデー

コンバイン子供
本日は、子供たちも連れて稲刈りをしました。
まだまだコンバインに乗りたがってくれるのですが、作業はしずらい(笑)


グレンに見いる
コンバインから軽トラへ籾出しも、興味深そうに見ていました。




長靴はまる
途中、ぬかるみで長靴がすっかり埋まって動けない子供たち(^^;




しかし、この後、もう少しで終わるというところで、ちょっと油断したらコンバインがハマってしまった(ToT)
焦らず残りを次の日にゆっくりやれば良かったと後悔...
明日はトラクターで引っ張って脱出したいと思います...

無農薬1年目ナシ栽培の結果。

2013090918020000
無農薬1年目のナシ栽培。

病気や虫害で、葉が落ちてしまったため、実があまり大きくなりませんでした。
かつ、虫にやられて殆どの実が落ちてしまいました。

この様子だと、来年の果実となる花芽もあまり期待できないので、来年も不作が予想されます。
ですが、土が清浄化され、土本来の力を取り戻すまでは致し方ないと考えています。

わずかに残った果実で、ジャムを仕込んでいます。




2013090512370000

傷んだ実から甘い香りがして、スズメバチが大集結!
最初はビビりましたが、そのうち慣れて、頭の上を飛んでいても平気で作業していました。
巣が近くにない場合は、ほとんど攻撃してこないようです。

季刊誌「能登」

本日、「能登」のライター、カメラマンさんが取材にいらっしゃいました。

9時半より、収穫を控えた田んぼ、葉が散って燦々たる有様のりんご園で撮影&インタビュー。
その後自宅に戻ってさらにインタビュー、当園の作品の撮影が続き、
帰られてホッとして時計を見たら14時(;^_^A

色々お話させていただきました。

シリーズ「農のカタチ」のページで掲載されるそうです。
これまでに掲載されたのは実績をあげている先輩農家さん達ばかりなので、ちょっと気後れしていますが(^^;
どんな風にまとめて頂けるのか、今から楽しみです。

*今日は沢山写真撮ってもらいましたが、自分で撮った写真は無しです。
最近のコメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS
記事検索
「もと屋」ネットショップ
自然農園「もと屋」HP
  • ライブドアブログ