最後に残っていた、棚田の香り米を本日刈り取りました。
奥の方は、とても深い深〜い田んぼで、田植えのときは膝も埋まるほど(;^_^A
そういうところは、背丈も高く、いつまでたっても葉が元気です。

面積も小さく、機械がはまって入れない、今は敬遠されてしまうこういう田んぼ、機械化の前は、地力もあり、何というか小さいながらも大切にされていたんだろうな、と先祖を思う。

実はおとといの晩から熱出して今朝もいまいちな調子だったのですが、
3日前に見に行ったところ、イノシシにやられていたので、もうこれは今日やんなくちゃダメ、と思って鞭打って終えてきました。
運よくというか、まあ許せる範囲での被害でした(*_*)
この棚田周辺ではここだけ残っていたので、格好の餌食、となる前になんとか刈れて良かった。
ちょっとこの場所ではあまり収穫期が遅い品種はやめた方がいいかも・・・

さて、作業のほうは、奥の方はぬかる為、いくらか手刈り・・・
今日の体調では一人ではちょっと無理でした。
妻のサポートがあったので、何とか終えられました。

2012102513320000