自然農園 「もと屋」 〜 自然の恵みと土の力で育った自然栽培のお米、りんご、梨などを農家直送でお届けします 〜

自然栽培で、お米、りんご、梨、柿、栗、梅などを栽培しています。 今後はスモモ、モモ、イチジクや柑橘類なども増やしていく予定です。

お出かけ・地域行事など

外回り (その1)

560179_783534188396702_2522942559108441366_n
先日は、いろいろと外回りの日でした。

午前中は金沢市尾張町にある【 保存食専門店Stoock】さんに我家の加工品を初納品してきました。
こちらのお店は昨年12月にオープンしたばかり、
北陸のこだわり保存食を専門に扱うセレクトショップです。
大規模店舗にはない、職人さんこだわりの商品がカッコよくディスプレイされていました。
少し野暮ったい自分らの商品も、こんな素敵なお店で、どんな風に並べられるのか、愉しみです。
(営業時間11−19時、不定休)

「健やかの郷」と「梨園」

今年から月一回で家族参加予定の、つばた「健やかの郷」友の会
本日は今年最初の集まりに参加してきました。
子供達にジャガイモを植えてもらい、タラの芽やわらびを収穫しました。
長男はオタマジャクシ以外には全く興味が無かったようですが(笑)

5月は色々な野菜の種まき・定植、田植え体験の予定です。

コピー 〜 2013042011140000
コピー 〜 2013042011460001










その後、梨園の管理人を探しているという話をうけて、現地を見に行ってきました。
現在のりんご園と距離も近いので、地主さんとの話合いで条件が合えば、今年の夏には梨が収穫できるかも知れません。

2013042015000000

アルと想いやり生乳とNPKと源さんの野菜セットと加工用りんご

昨晩は久しぶりにNPKに参加。
NPKに参加する前の晩に、ちょうどタイミングよく?野々市のコミュニティトレードアルさんから加工用リンゴのご注文を頂いていたので、早めに出発して、りんごを配達するとともに、アルさんで食事&ケーキセットを頂いて、さらに奇跡の牛乳ともいうべき超プレミア品「想いやり生乳」もゲットし、それから野々市カメリアへ向かいました。
al cafe
2012112208340000


そして、帰りしなに秘密裏に?NPK内プレ物々交換。
NPK元締めである、風来の源さんから加工用リンゴのご注文を頂いてました。
そして自分は源さんの野菜セットをお願いしていました。
更にリンゴのサービス分で、特製ゆずポン酢もゲット!

家に帰って箱を開けて、野菜セットのリピーターさんが多いことがよーく理解できました。
来月は皆さんと色々物々交換できないかなーと考えております。
加工用りんご如何でしょう。キムチはもちろん?、ジュースやジャム、ケーキ、サラダなど、最近はやりのグリーンスムージーもいいですよね。
furai vegset




りんご話と収穫祭出品

1年ぶりに木村さんの生声を聞きました。
一般の方にも分かりやすいような構成でしたが、何度聞いても、リンゴが実るまでの苦労話は涙してしまいますね。
自分も今年は今現在、たくさんのリンゴが虫にやられたり、病気で傷んだりしていて、かなり落ち込んでいるわけですが、木村さんに比べたら、まだまだ覚悟が足りない、そう思わされます。

2012102715190000





新世界という品種が3本だけあるのですが、収穫はほとんどなく、途中で葉が枯れてしまいました。
ほんの僅かに収穫できた、奇跡とはいいませんが、幸運なリンゴたち。
本日、松任健康の里さんでの、収穫祭?で即売会に送り出しました。
開始後1時間遅れでの参加だったのですが、あっと言う間に売れてしまい・・・
リンゴは人々に愛されている果物なんだなーと、改めて思いました。
確かに、この赤色は見ていて嬉しい気持ちになる! のは自分だけ?

2012102809190002



こちらから購入できます。
http://motonaturefarm.cart.fc2.com/
http://motonaturefarm.cart.fc2.com/?ca=2

有機農業勉強会NPKの忘年会

今晩は、有機農業勉強会NPKの忘年会に参加してきました。
初参加が忘年会だったのですが・・・
違和感なくその場を楽しめましたし、ちょっとした会話のなかにもヒントになることがあったように思います。
まだまだ時間が足りない状況でしたが、また来月もあるそうですので、、、楽しみです。
アルさんのマクロビオードブルと、皆さんの手作り持ち寄り品で美味しく楽しくよき時間を過ごせました・・・感謝!

P.S.個人的には、上品な味のかぶら寿しもいいですが、やはり手作りのしょっぱい田舎風大根寿司が好きです。

茨城につきました。

昨日、高速に乗るまでの下道が大変でした。
峠を越えるとき、駆動輪が滑って、坂道で立ち往生するかヒヤヒヤでした。
高速に乗ってしまえば、あとはスイスイ。
雪のせいか、先々週末に比べ、車の数がとても少なかったです。

上越や妙高、信濃町あたりの雪景色がとてもキレイでした。


茨城は風が冷たいですが、日差しが暖かいですね。
気持ちも明るくなります。
足の方はまだまだ傷が塞がりきっていませんが。



茨城へ行ってきます。

妻子が里帰り出産のため帰省中です。
自分も今日から茨城へ。

外は大雪。
車が埋まってます。

雪かき、足場の悪い中での荷物の積み込み・・・
怪我さえなければ、なんてことはないのだが・・・(;-_-+

高速のチェーン規制もきになります。
小矢部JCT、上越JCT、妙高あたりは速度規制も掛かっているようです。まあこの雪では怖くてスピード出せませんが。

支度もあるので、この辺で。
行って参ります。


マクロビオティック Nora

土日で茨城往復してきました。
ついでにマイミクゆうこさんお勧めのマクロビレストランへお茶しに。
ご自宅をリフォームされたアットホームな店内、暖かい薪ストーブとご夫婦のもてなし。
座敷があるので、子供を連れて行っても大丈夫です。

お野菜はこちらの有機野菜を使われているそうです。
今度はランチをぜひ食べに行きたいと思いました。

写真はキャロブとりんごのケーキ。キャロブはチョコレート風の味がする豆だそうで。もちろん砂糖は使われていませんが、しっかりスイーツな感じでした。

0901201 010


お店情報。HPやブログはないそうです。
http://u.tabelog.com/mikanmikan/r/rvwdtl/849224/

消防団活動発表会

貴重な休日の半日を使って、またもや消防団のイベント参加。

県内各地の消防分団がほとんどを占め、県内の消防本部職員が20名?程度、会場には500人以上は居ただろうか。
(ちなみに石川県の消防団員数は約5300人とのこと)

そんなに人を集めて何をやっていたかというと、選ばれた12名の分団員のスピーチを聞いて、それに拍手をするということ。

話の内容は、まあ消防団活動の賛辞がほとんど。
希に本音を語っている人もいたが、結局締めくくりは消防団を肯定。
まあそうしないといけない状況なんですが。

自分としては、奇麗事を並べているようにしか聞こえず、わざとらしい演技ぶった口調を聞いているだけで気分が悪くなった。

このイベントの目的が分からない。
一般の人に消防団をPRするためというなら分かるが、内輪?でこんなことをしても、団員のモティベーションが上がるはずもない。
実際の中身を知っている人にとっては、とってつけたような美辞麗句、声を張り上げて素晴らしさを訴えるのが強烈にうざったく、目をそむけ、ため息をつくしか無かった。

ほんとーに無意味。
消防団がやめたくなる一日でした。
愚痴ですいません<(_ _)>

救命講習。

今日は消防団関連で、町まで救命講習を受けに行った。
せっかくの晴天だったのだが、午前中いっぱい室内で講義&実習。

実習は、心肺蘇生法、AEDの使用方法、止血の仕方、三角巾の使い方など。

講義の中で、都道府県別に心疾患と脳梗塞の発生比率の図がでてきて、いずれも石川県が率が高いのが印象的だった。

理由ははっきりしないが、石川県人はおいしいものを食べすぎなのでは?と冗談とも本気とも取れるお話であった。

きのこ観察会。

生物多様性シンポジウムとどちらにしようか迷ったが、結局、きのこを採取して、毒キノコを選り分けるというイベント@石川県森林公園に参加。
http://www.justmystage.com/home/fpishikawa/


園内を2時間くらい歩いて、腰から下げる収穫かご一杯にきのこを採取。(毒キノコ含む)
金沢ケーブルテレビのカメラも来ていたので、そのうち放送されるかな。
0901025 009



こちらが、選り分けて、自宅に持ち帰ったきのこ。
今日は手製のきのこ汁です。
0901025 027


狩猟免許取得。

狩猟免許試験の合格通知が封書で届いた。

まあ、試験そのものは簡単だったので、当然といえば当然だったのだが。
試験の申込みも面倒だったが、合格したら今度は免状を取りにおいで、という。
車で1時間弱、かなり遠いんですけど・・・(;-_-+

せっかく行くのだからと、ちょっとだけ観光モード。
行ったことなかった 能登食祭市場 へ。

県外からの観光客向けかな。あまり県民には・・・
昼食時間帯だったので、ランチできるところを探してみたけど、かなり割高(;^_^A

というわけで、一応ネットで調べておいた店へ。

まいもん処 いしり亭


いしり御前を注文しましたが、かなり美味しかったです。
ランチもボリュームがあっておいしそうでした。
店内も昔の銀行を利用しているとのことで、雰囲気がありました。
外にはこんなかまども(これでご飯を炊いている?)

0901018 009

大型連休ですね。

昨日は埼玉よりお世話になっている人が富山まで遊びにくるということで、お出かけの予定だったのですが。
先方が子供が熱を出したとのことで、キャンセルに。

今日はせっかくおでかけムードが盛り上がったところだったので、お弁当をもって近くの森林公園へ。

ちょっとした動物園があり鹿・猿・猪など地域に暮らしているような動物が飼われています。
うちの子は動物が大好き。ほうっておけば猿の群れに飛び込んで大騒動になってしまいます。
そうならないよう、しっかりホールド(;^_^A

つり橋や池があり、休日だけですが、足こぎボートも乗れます。
息子もとても喜んでいました。
ハンドルをもたせろ、とか、足こぎをやらせろ、とか、こういう時、とても面倒なこともありますが(笑)

坂道が多いところなので、いい運動になりました。


P1030283

帰省ラッシュ?

昨日、茨城から戻ってきた。

1泊2日で、石川⇔茨城を往復970kmほど運転。
疲れがたまり、今日は何にもやる気がしなかった。
(20代のころは一日1000km運転とかしても次の日は普通だったけれど、無理の利かない体になってきた)

帰り、上信越道新潟方面は渋滞だった。久しぶりの高速渋滞。
といっても12km、1時間程度のタイムロスだったが。

新潟方面へ帰省のためなのか、単に新潟の人たちが週末旅行に出かけていただけなのか。ETC休日割引ももちろん一役をかっていただろうけど。

早く体力回復して、明日からまたがんばろう。




石崎奉灯祭。

小学校のころだったか、輪島のキリコ会館で展示してあったのは記憶していたが、実際に担いでいるところを見るのは初めて。
威勢のいい掛け声とともに30人程度の男衆がキリコを担ぐ。
鐘と笛の音は祭りならでは。
祭りのクライマックスが夜中の2時からだったので眠気との戦いでもありました。

能登にはこんな華やかな祭りがまだまだ残っているようです。
http://www.inachu.jp/kiriko-03.htm

NEC_0008

ご近所の大ばあさんが...

近所のおばあさんが亡くなった。
ご近所ということで、通夜から、翌日の告別式、火葬、骨上げまで全て参加。
祖父の葬儀以来、2回目の経験だ。
田舎だとこういう機会は多いんだろうなぁとつくづく思った。

さて、その大ばあさんは、なんと100歳だった。

今から100年前というと1908年。
2度の世界大戦も体験し、近代日本の歴史そのものだ。
何だかすごいなぁと思った。

自分がもし100歳になったら2071年か。
どんな事象を経験し、どんな世の中になってるだろう。

そんなことより、自分の足元を固めることが先決だけど^^;

富山県氷見市の土合農園を見学。

1b4ba98b.jpg以前から、秀明自然農法のサイトをみて、車で1時間以内に自然農法でばっちり営農している人がいることを知っていました。

http://www.snn.or.jp/ja/article.php?storyid=208

電話でアポイントを入れ、マイミクしまっちと見学に行ってきました。


結論からいうと、かなりビッグな人です。
「やり手」という言葉があてはまると思います。

特に加工品をかなりの量手がけています。
実は良く行くスーパーで「自然農法の納豆」を見かけたことがあり、それが土合さんのものであることを知りました。

田畑はすべて無肥料栽培。
畑には肥料を入れません。(完熟堆肥は入れているようです)

土合さんと2名の働き手、1名の研修生で6ha超を耕作しているようです。

食の基本となる、米、小麦、大豆。
そして加工品である味噌、醤油、豆腐、あげ、納豆、酢、etc...。

しかし、ここまで来るにはかなりのご苦労をされたようです。
始めの頃は大根もうまく出来なかったとお話されていました。


これからも色々とお付き合いさせていただくことになりそうです。

秋の火災予防週間など

9日から15日まで全国一斉に火災予防週間だった。

分団で毎日8時から消防車に乗って火災予防を呼びかけて廻った。


それと日曜日に地域の収穫祭があったので、それの準備や片付け。

ついでに日曜の朝っぱらから消防訓練と講習もあったり。

打ち上げで呑みすぎ&寝不足で胃が痛い(ーー;)


来週中ごろに来ると予報されている寒波で、初霜が降りそうだ。


獅子舞

今日は朝から晩まで祭り。

今年は初めて獅子舞の手伝いをした。
まだ天狗と獅子頭は習っていないのでカヤ(胴体部)に一日入っていた。

聞いたところによると、石川県内でも獅子舞が残っているところは数えるほどになったとか。

残していきたいものです。
来年あたり、獅子頭でも覚えてみようかな。

夏の有機農業見学会2008メモ

中身の濃い見学会だった。遠出したかいがあった。

松沢さんは大学教授のように理路整然とお話しをされ、有機農業を志す方は是非話を聞きに伺ったら良いかと思います。

正木さんは就農5年目、まだまだ土作りに試行錯誤されている様子で、あらためて農は奥が深く、年数を要するものだと感じました。

以下はメモをまとめただけのものですが、ご参考までに。


■松沢政満さん 愛知県新城市
山間地なので果樹メインでやることに。
動物対策にかなり時間をかけなければならない。(電気柵)
1.5haをハンマーナイフと草刈機で管理している。(不耕起)
鶏300羽で鶏糞は1.5haに充分な量が出る。
卵の販売で200万。コンニャクイモで50万。
キウイやみかんジャム、山菜や椎茸etc..。
合計400〜500万の売り上げ。

マニュアル的に有機農法をやるのでなく、自分の自然観察力を磨くこと。
自然からのメッセージを伝えることも宅配野菜の重要なセット。
スーパーで買えない山菜など旬の食材は消費者に特に喜ばれる。

草は草で管理。イタリアン、エンバク、ソルゴーなどの緑肥を活用している。
宿根草はソルゴーなど背の高くなる1年草を生やせば抑えられる。
イタリアンを倒したところへカボチャの種をまき、草刈しないで放任栽培。

雑草は自然のラジエーター。
地温加熱を防止する。
更地は地温が40−50℃にもなってしまい地表付近の根は傷んでしまう。
また雑草は肥料がなくても育つ能力がある。
菌根微生物との共生能力が野菜に比べ強い。
化学肥料と農薬で育てられた野菜の種にはその力がなくなっている。
(雑草は光合成で得たエネルギーの約1割を根から放出し、菌根菌と共生している)

不耕起草生栽培
草が繁茂している上に種をまき、さらさらの鶏糞を播き、それからハンマーナイフをかけるだけ。りっぱなカブや大根が出来る。
しかし、枯れかけの草が雨で溶けるような状態だと、フザリウム菌が発生し、野菜の障害になる。

光の多重利用
大きなケヤキ → 梅・柿・みかん → コンニャクイモ、里芋
(20年里芋連作しているが、自然栽培なので何ともない。)

米は自給用。
5月中旬レンゲをハンマーナイフで粉砕し、ロータリーをかけて1週間後田植え機で田植え。八反どりを1回かけて終わり。
天敵が居るので、ウンカ、カメムシは大発生しない。
中干しはやらない。機械を入れる為に水抜けを良くする目的。
過繁茂を抑え、無効ぶんげつを枯らすため、仕方ないからやっている。

養鶏
野犬などは金網を破って入ってくる。
膝の高さくらいまでは材を張り付けて噛み破られないようにしておく。
鶏舎内に穴を掘り、落ち葉と鶏糞の発酵熱でひよこを育てている。
(ねずみ除けに電球)
米屋で安く米ぬかを入手、クズ米も少しならタダでもらえる。
柿酢の果肉を鶏に与えると、病気予防になる。

犬を放し飼い
自分のテリトリーに入る猿や猪などの野生動物を追い払う。
鶏は飼い主が大事にしていることを教えてあげれば、絶対に襲わない。
柴犬は特にその性質が強いようだ。

柿酢の果肉で瓜を漬けて、ピクルスのようになる。

山林の整備
金子美登さんと立ち木トラスト運動をしていた。
チャバネアオカメムシなどは、杉林で増殖し、里へ降りてくる。

高級ホテルから高値で契約の申し入れがあったが断った経験あり。
いい条件の契約よりも、自分を信頼してくれるお客とのつながりを大切にしたい。
一緒にこの自然を子孫に残して行こうとする仲間を大切にしたい。

山菜は鮮度が命
芽の部分は活発に細胞分裂している → 傷みやすいエグミが出やすい
竹の子は、掘る前にお湯を沸かしておき、掘ったらすぐ茹でる。


■正木 努さん 愛知県新城市
2004年就農。帰農志塾出身。
畑1ha、トラクターとハンマーナイフ使用。田は自給用に1反2畝(手植え)
牛糞堆肥を初期は入れたが、硝酸体窒素が気になるので最近は入れていない。
米ぬか、オカラを山土(軽トラ1杯で1000円)と混ぜてボカシに。
通路を広くとり、緑肥を生やして畑を肥やしている。
不耕起で連続栽培できるところはそうしている。

田んぼで里芋、しょうが、エンサイ、ナス、ツルムラサキを転作。とてもよく出来ていた。
秋収穫用にズッキーニやカボチャを初夏に播いていた。
大根はだんだん遅まきしないと駄目なようになってきた。
お盆過ぎに播いてもダメ。9月に入ってから播いている。
秋ジャガは春にとれたアンデスの小さな芋を種芋にしている。切ったら腐る。

年間50〜70品目、月200箱を出荷している。

海で大はしゃぎ。

先日、海に行ったときの話。


ちょうど暑くて畑仕事もままならないし、久しぶりに息抜きって事で海水浴場へ。
少し能登方面へ足を伸ばせば、海もかなり透明度が高くなる。


息子も1年ぶりの海。
1年前は波が怖くて水に足をつけることすらできず、泣いてばかりで。

今回は怖がるどころか、楽しくて仕方ない様子で、水を飲んでもどんどん深いところへ進んで...
しばらく浸かっていて体が冷え、鳥肌たってるのに上がろうとしないくらい。


途中、波でバランスを崩して後ろ向きに倒れたんだけど、
水中で目を開けて固まっているのが可愛そうだけど笑えた。

それでも海から上がろうとしなかったから、よっぽど楽しかったんだろうなぁ。

自然農法交流会

5488f8ea.jpg

自然農法センターに関連する農家、センターの有資格者が集まる交流会に参加してきました。
お隣の福井県福井市まで、電車とタクシーで約2時間半。
県の産業会館の会議室で職員の方を含めて60名程度いたでしょうか。

有機農業推進法の施行をうけ、今年4月に国の基本方針が決定され、更にそれをうけて地方自治体の具体的施策が決められる予定なのだとか。
EUでも同様の法律施行に伴い、10年くらいのスパンで有機農業の割合が30倍?くらいまで増えたそうで、日本でもその効果が期待がされるそうです。

自農センターでは、団塊の世代では家庭菜園をしたいという人が多いという話しなので、自治体に働きかけ、地方での自然農法の講習会を請け負いたいと考えているそうです。
その際、センターの資格である、家庭菜園アドバイザーなどの人に、講師となってもらうべく、今後講習をする予定とのことでした。
自分も是非やってみたいと思います。

ガイアシンフォニー

映画 「ガイアシンフォニー」
2番、5番と見ましたが、心が洗い流され、愛と勇気を与えられる、
そんな映画です。
残念ながら、めったに見る機会がないことが難点なのですが。
近くで上映されることがあったら是非行ってみてください。
2番では、佐藤初女さんが、5番では龍村監督と奥さんが鑑賞後に講演をしてくださり、とても楽しい話を聞かせていただきました。
 
5番の中でアーヴィン・ラズロー博士の言葉、
「惑星意識とは地球に生きる人間の意識のことです。
先住民や伝統的な人日は昔からこの意識を持っていました。
自分は、地球や自然の一部分である、という意識を強く持っていたのです。ところが、現代人は自然との一体感を失ってしまいました・・・」
今の自分には特に共感できました。
 
また、石垣昭子さんの言葉、
「やりたいと思ったらそれをやればいい。失敗するのはもともとと考えて、怖がらずにやってみると、やったことによって、何かが見えてくる。」
にとても励まされる気分になりました。
 
他にもいろいろと心に響く話がありました。
きっと見る人それぞれにふさわしい気づきを与えてくれる映画なのだと思います。
 
最近のコメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS
記事検索
「もと屋」ネットショップ
自然農園「もと屋」HP
  • ライブドアブログ