自然農園 「もと屋」 〜 自然の恵みと土の力で育った自然栽培のお米、りんご、梨などを農家直送でお届けします 〜

自然栽培で、お米、りんご、梨、柿、栗、梅などを栽培しています。 今後はスモモ、モモ、イチジクや柑橘類なども増やしていく予定です。

自然栽培りんご・なし

2016年産ナシの不作について

なしの近況について気持ちの整理がつかず、ずっと投稿できないでいました。
先日のイベントで多くの方と話すうち、言葉として発していくうちに文章にできるようになってきました。

今年は花はたくさん咲いたのです。
しかし、着果したのはそのうちの1割にも達しませんでした。

P1080115









近隣水田でのネオニコチノイド殺虫剤散布により蜂が激減しているようです。

僅かに実った果実も病害虫や、ハクビシン、カラスなどにやられてしまい、販売できるものは殆ど残らない状況となってしまいました。本当に申し訳ございません。

2016071914480000
IMG_2247

IMG_2321
















自然栽培4年目、水脈整備の効果もあってか、樹はこれまで以上にとても元気なので、本來なら沢山実がなったはずと思うと残念でなりません(T^T)

来年は皆様に梨をお届けできるよう、鋭意努力してまいります。
今のところ、ミツバチの巣箱を借りてくるか、手作業で受粉させる、ということを考えています。


【梨のお花見】

今日は家族で梨のお花見をしてきました。
桜の時期はまだ肌寒かったので、この時期のお花見はちょうどいいのかも。毎年恒例行事になりそうです。

畑も草のじゅうたんで覆われ、ごろ寝しても気持ち良い天気でした。

来年は、出来ればお世話になっている方々をお招きして、
持ち寄りお花見会などできれば良いかなぁ~と話しております。

早めに咲き終わった花には、小さな小さな梨の果実が膨らみ始めていました。
沢山花が咲いたので、田んぼの畦塗りが落ち着いたら、さっそく摘果作業に入りたいなぁと思っています。

P1080111

P1080115

P1080106

P1080117

【自然栽培3年目 梨の花】

現在だいたい8分咲きくらいです。
元気に咲いてくれています。
感謝、感謝です。
ありがとうございます。
3年ぶりに果樹園で感謝のお花見をしようと思います。

2015梨の花
2015梨の花2
2015梨の花3

お清め初め

つぼみ
当地では、ちょうど桜が見ごろを迎えています。

先日ですが、今年初めて、梨・りんごの樹に食酢散布を行いました。
この作業を始めると、いよいよシーズンが始まったな〜・・・という感じがします。

4月末〜GWの開花期間が終わると、1週間〜10日おきに食酢の散布作業をしながら、
その合間に、摘果、袋かけ、草刈り、害虫対策、野鳥対策、獣対策など行い、ようやく8月下旬〜10月中旬の収穫シーズンを迎えることになります。
また自然栽培米の作業(育苗、田植え、除草、水管理、畦草刈り、稲刈り)も同時進行となります。

果樹の自然栽培3年目、まだまだ綱渡り的な感じですが、少しでも多くの「自然栽培の梨」をお届け出来ればと思います。

写真は膨らみ始めたつぼみ。
梨の花は白なのですが、膨らみ始めたつぼみの先端はピンク色をしています。

MROラジオ収録

P1050574
MROのラジオ収録で、福島彩乃アナが我家にいらっしゃいました。

最近のアナウンサーは、収録も編集も自分でやってしまうのだとか。
ジュニア野菜ソムリエの資格もお持ちで、能登出身、出身大学も同じということもあり、すっかりファンになってしまいました。

無農薬りんご栽培への想い、取り組みなどを紹介していただける予定です。
MROラジオ放送 "Be美ソムリエール"内にて、2回に分けて放送されます。
 1月4日 (土) 8時半〜
 1月11日(土) 8時半〜

リンゴとミカンの選別など

2013110415340001
2013110414530000
今日はみかん、りんごを選別しながら傷んだものを試食していました。




2013110416530000
写真撮影用にりんごとみかんを並べたのですが、りんごの小ささが良く分かります。
それでも最後まで頑張ってくれたチビりんごがより愛おしく感じられます。
糖度を測ってみたところ、僅かですが生食可能なリンゴもありました。

無農薬りんごの経過です。

2013101016290000
8月中にすべて葉が落ち、りんごは一年が終わったと思ったようです。
9月に入りが咲きました。
来年咲くべきだった花です。
もう来年は殆ど咲かないかも知れません。






2013102815180000
咲いた花、着果しないと思ってたのですが、10月に入り、幾つかは小さな実になっていました。
(右上の赤みがかった小さな実)
左手前の実は春から着いていますが、途中で葉が落ちたため、ビリヤードの玉くらいの大きさで止まってしまっています。
ちなみに大体平均すると6割〜7割の実が病害虫で落下してしまった感じです(樹によって大幅に違いあり)




2013101015410000
来年開くはずだった葉芽も開き、春先のような葉が開いています。
再度、斑点落葉病(赤茶色の斑点がそれ)が発生し、落葉を始めています。
紅葉までは無理かな、という感じです。







2013102815120000
今日は病害虫除けの為に掛けていた果実の袋を外しました。
生食用は無理かなと思っていたのですが、ほんの僅かですが、もしかすると、との思いで袋を外す事にしました。(掛けたままだとずっと緑色のままなので)
11月に入ったら残った実を順次収穫して、いくらかでも「干しリンゴ 無農薬バージョン」が出来ればなぁと考えています。

イモムシの怨念

2013082716300000
最近のりんご園のようすです。
病気で葉が落ちたうえ、追いうちで虫に食べられて、もうほとんど葉が無くなってきました。




2013082912330000
さて、残り少ない葉を何の容赦もなく食い漁るイモムシ。
このままでは樹が枯れてしまうので、テデトールしていたのですが・・・


まずはこやつら、危険を察知すると、毒霧のようなものを吐き出します。
目に入るとヒリヒリします。(上を向いて作業しているのでモロです)


さらに・・・帰ってきてしばらくしたら、手の皮がむけてしまいました(ToT)
201308301841

手でつぶした際についた体液が強い酸で焼けた、と推測しています。
最後は作業手袋がグッショリでしたので・・・
イモムシの怨念とも言えそうです。


「本日の教訓」
たくさんテデトールしなければならない場合は、ゴム手袋をつけましょう。

必殺テデトール

タイトル、まぎらわしいですけど、農薬の名前ではありません(笑)
有機農業などで、虫を手でとる事を、農薬っぽく呼ぶユーモアです。

現在のりんご園はまだ白い花が咲き誇り、とてもいい香りがします。
今日は天気もよく、ミツバチやクマバチが飛び交っていました。写真の真ん中ちょっと下にミツバチ居ます。
(一日中聞いていたので、羽音が今も頭の中で鳴っています(^^;)
みつばち0









朝から摘花の作業をしていたのですが、作業終了間際、嬉しくないお客さんがいる事に気付きました・・・(((゚Д゚;))))
ひどい所は1本の樹に3群もついてるのがあり、ちょっと引きましたけど、気持を奮い立たせて〜
必殺テデトール!!!!!!!!!!!!!!
201305091359000020130509135200002013050913400000


















これだけの大軍がいると、このように枝全体があっという間にはげ上がってしまいます。
一部で済んで良かった(;^_^A
(ちなみに今年は殺虫剤をまいていないので、このような大変な事態になっています)
2013050914220000



リンゴのつぼみ

先日の「芽吹きの投稿」と同じ位置から撮影。
だいぶ芽が開いてきて、つぼみも膨らんできています。
2013041410210000









こちらは先日、苗木を植えた園の一部。
強酸性土壌に生えるスギナが群生しています。
りんごは弱酸性を好むそうなので、何か働きかけをしてやる必要がありそうです。
2013041410050000

苗木定植完了!

苗を定植し、すべての支柱を打ち終えました。

脚立の上で呼吸を整えていると、近所の年配の方々がこちらを眺めていました・・・
きっと「危なっかしい」と思われていたんだろうなぁ。
DVC00032

りんごの芽吹き

りんごの芽がほころんできました。
昨年は確認しませんでしたが、だいたい、桜の開花と同じ時期のようです。
観察していると、いろんな樹の芽が同じ時期に出て来ていますね。
2013040110220000

りんご苗木植え

本日、りんごの苗木30本植えて、時間切れ。
明日残り18本植えます。
9月末収穫の甘酸っぱいリンゴや、お菓子作り等に人気の紅玉、10月収穫の黄色いリンゴ、11月中旬収穫の甘酸っぱい青りんごなど5品種を新たに植えています。
この樹たちにリンゴが成るのを想像するとワクワクするなぁ。
5年ほどかかりますけど(^^;

2013032616380000

りんご苗木植え準備

苗木の支柱を立て始めました。
前の園主さんにどうやって支柱を立てたか聞いたら、「重機で押し込んだ」との話。

どうしようかとも思ったのですが、迷った時は体力勝負!
しかし、使用したハンマーが重すぎて、指先から手首の疲労が・・・。
腰にはまだ来てないが明後日くらい?(笑)
今度やる時はもうちょっとやり方を考えようと思います。

15時過ぎには冷たい雨が降ってきて、途中で中断。

支柱たては後日にして、明日からは苗木を植え始める予定です。
2013032511130000

今年の初防除

本日、越冬病害虫の防除のため、今年初めての防除を行いました。
自然栽培では酢を使用します。
葉が開く前のこの時期は、高濃度で散布します。
散布後の園内は酸っぱい匂いが充満していました(^-^)

金沢でも桜が4月1日頃には開花するようで、りんごの芽もだいぶ膨らんで来ています。
2013032411480000



ハンマーナイフ初体験

本日は、新しく苗木を植える畑の準備をしました。

前作の残さを片付けために、初めてハンマーナイフを使ってみました。
7a弱の畑を30分弱、刈払い機に比べると体の負担は半分ない感じです。
しかし何といっても、残さが粉々になり、いい感じで土に還るのが最大の特徴です。

山の田んぼは農道も含め管理する面積が多いので、この夏は重宝しそうです(^-^)

2013032110360000
2013032111040000

粗皮削り

剪定、まだまだ気になる所はあるのですが、そろそろ時間切れ終了です(^^;
上野の桜は2週間も早く咲いたとか。
りんごの芽吹きも早まりそうな気配がしています。

本日、古くなった皮を削り落とす、「粗皮削り」を実施。
そのままにしておくと、病害虫の住処となるため、削り取ります。
20130320140000002013032013570000









子供達も皮を取るのが面白いらしく、しばらくやっていました。
樹の株元にはダンゴムシやその他の甲虫なども居て、しばらく遊んでいました。
園内のクローバーがすくすくと育っていて、春を感じます。
2013032015560000
2013032010440000

剪定

写真 携帯電話 018
宝達志水町では1週間ほど前からウグイスが鳴き始めています。
ここ10日間は剪定作業にあけくれていました。





苗半作といいますが、果樹の場合、剪定がその半作にあたるように思います。
そしてそれに必要な道具は、鋏と鋸、それと脚立。このシンプルさがとても気に入っています。
剪定道具









剪定をしていると、ところどころ、カマキリの卵が枝に産み付けられていて、それがたいていは自分が切りたい枝だったりするわけで・・・

2013031216250000









もちろん切らずに残しています!

自然栽培塾 【果樹編】

無題
自然栽培塾3rd、いよいよ待望の果樹栽培講座です♪
木村秋則さんのリンゴ栽培を学べる、超レアな機会です。
今回は2泊3日の短期決戦!
また一歩、奇跡のリンゴに近づけるのかと考えると、気持ちが高揚してきます。

リンゴとミカンという組合せはあるか?

先日ですが、2箱出荷のうち、1軒はリンゴとミカンをセットで注文いただきました。
みかんは無肥料無農薬です。

みかんは、今のところごく少量だけですが、
ひとつの農家がリンゴとミカン、という形はほとんど無いと思うので、面白いと思っています。
2013011110490000

12月もあっという間に半ば過ぎ。やっとリンゴを収穫終了。

2012121715250000
ようやく収穫し終えました。周りからすれば何やっとんだと言われそうですが。
これだけ積むと約390kgくらいです。坂道ではエンジンがうなります。


2012121711520000
弁当持たずに出たので、お昼はりんごのみ。
たまたま落下したリンゴ、割ってみると超蜜入り♪
今シーズンで一番うまかったリンゴかも。糖度16.5%でした。

それでも、肥料を使わず、自然の力、土の力で育てているためと、
かなり病害虫にやられた事が影響してか、昨年に比べスッキリした味になっています。

とあるお客様からは、
「慣行農法のりんごは強烈な甘さですが、こちらのりんごは自然の甘味というか
柔らかな甘味がとてもおいしかったです」
との有難いお言葉を頂いております。
糖度では測れない、何か。
それを感じて頂ければ幸いで御座います。

収穫し終えた後、園内の1本1本の樹に手を添え、感謝と来年も一緒に頑張ろうと声を掛けて廻りました。
とても暖かい気持ちにさせていただきました 感謝(-m-)
2012121715210000

りんごのお尻に蜘蛛

2012112916040000
本日も1日、
収穫作業でした。
本日の収穫量、
約300kgでした。



この時期、葉がだいぶ落ちて、雨が降っていると、蜘蛛たちが、りんごのお尻の凹んだ部分に雨宿りしています。
さらには、巣を作って冬眠の準備?をしているものもあります。小さな蜘蛛が群を作っているものも見ました。
収穫の際には息で払い落していますが、どうか来年も活躍してくれるようにとお礼を言っております。

kumo3

りんご収穫ピークです。

2012112816580000
今日は朝からひたすらリンゴの収穫。
1日では、これまでで最高の350kg相当を収穫!
さすがにヘトヘトになりました。
今日は早めに休んで、明日の収穫に備えます・・・

http://motonaturefarm.cart.fc2.com/

蜜入りリンゴと子供達

2012112215020000
りんごの収穫作業が続いています。
あと丸1日やれば、個数でいえば、半分くらいまで届きそうです。

日差しが出る時間は、傷んだリンゴの甘い香りに引き寄せられて、まだ蜂が飛んできます。
作業に没頭していると、足元でリンゴをかじる蜂に気付かず、彼らを驚かせてしまい、逆襲に合いそうになることも何度か・・・


新規詰め込み画像
真っ赤に熟したリンゴは、切ってみると蜜入りリンゴになっています。
甘味と酸味が抜群で、幸せな気分になります。
こういうリンゴを見ていると、ウットリしてしまいます(^^;



今日は子供達も久しぶりに園に来てくれ、ちょっとだけリンゴ狩り。
子供達も可愛い盛りで、仲良く遊んでいる姿を見ていると、こちらもウットリしてしまいます(^^;
いい思い出の写真になりそうです。
2012112514340000


http://motonaturefarm.cart.fc2.com/?ca=2

久しぶりの好天とリンゴ収穫

久しぶりの天気だったので、1日リンゴの収穫をしていました。
園についた途端、携帯電話がなり、「後で取りに行くから、用意しておいて」とリンゴの注文が入ります。
その後も3人の方が園に訪れ、リンゴをお買い求めくださりました。

気温も上がって、クモの巣もまた復活。カマキリもまだ残っているのが居ました。あと厄介者のハチも。
ハチは痛んだ所を食べていくと思っていたのですが、よーく観察していると、全く痛みの入っていないリンゴも歯で傷をつけて食べていました。困ったものです。
今年、たくさんキズついて痛んだのは、蛾だけでなく、だいぶハチの影響があったようです。
2012111611120001
2012111614290000









本日の収穫です。
2012111615340000




こちらから購入できます。
http://motonaturefarm.cart.fc2.com/
http://motonaturefarm.cart.fc2.com/?ca=2

りんご園の様子

収穫期に入った園です。
防除回数を慣行比6分の1まで削減した結果、多くの樹で早期落葉が見られます。
また、果実も半数近くが病害虫のために落果してしまっています。
現在残っている果実もざっと見渡した感じでは、糖度不足のため生食用としては出荷できないものが半数近くまで達するのでは、と心配しています。
とにかく、御予約頂いている方々だけには、何とかお届け出来るだけの美味しいリンゴが収穫できればと祈ることしかできません。

昨年よりも草の種類は増えて、よい方向に向かってきているとは思いますが、無農薬までにはまだ何年かはかかりそうです。
JAはくいの自然栽培塾、3年目となる来年はいよいよ果樹がテーマだそうです。
「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんから、直接指導いただけるわけなので、参加できることが今から待ち遠しいですが、自分の理解レベルを上げられるよう、今からしっかりと準備、勉強しておかないとです。
2012110812280000




こちらから購入できます。
http://motonaturefarm.cart.fc2.com/
http://motonaturefarm.cart.fc2.com/?ca=2

おんぶバッタならぬ・・・

面白いリンゴがなっていたので、摘果せずに様子見していたのですが・・・
2012083109260000

りんご園 クローバー満開

今日はりんご園周りの草刈り。
農道や近隣圃場との境はしっかりと刈りますが、園内は高刈りします。
白クローバーや赤クローバー、ヘアリーベッチが満開でいい感じです♪

こちらから購入できます。
http://motonaturefarm.cart.fc2.com/
http://motonaturefarm.cart.fc2.com/?ca=2

2012052517280001

無農薬りんごを夢見て

朝5時のりんご園。
花もそろそろ終わり、暖かくなって防除が必要な時期に入りました。
今日は酢に自然エキスを混ぜたものを散布してあげました。

木村さんの自然栽培では酢だけですが、自分は自然エキス等を活用し、もう少し積極的に樹が元気になるようなやり方を模索しています。

早朝から仕事すると、一日がとても長く感じますね。早寝早起きに体を慣らさないと・・・

こちらから購入できます。
http://motonaturefarm.cart.fc2.com/
http://motonaturefarm.cart.fc2.com/?ca=2

2012050705260000

りんご花見

一昨日に王林が開花、今日はふじが開花しました。

穏やかな天気で、蜂が元気に飛び交ってくれていました。
今年は受粉がうまくいったかな。

一日じゅう、クマバチの羽音を聞いていたので、まだ頭の中で聞こえます(;^_^A

花があまりに奇麗だったので、急きょ、お昼は家族で園でりんごのお花見をしました(^-^)

2012042815550000

2012043015290000

2012043013030001

苗半作、剪定半作

一昨日、ようやく剪定を終えました。
まだまだ枝が多いといわれていますが、自分としてはだいぶ切ってしまった感じです。要所要所で立ち枝を残しました。
さて、樹がどういう反応をしてくれるのか、楽しみです。
苗半作、剪定半作ですかね。

2012032305590000

剪定作業をしていたら

剪定作業をしていたら、昨年沢山購入下さった方が立ち寄って下さいました。
これまで以上に味がのっていて本当に美味しいりんごだったとお褒めの言葉を頂きました。
お孫さんがりんごアレルギーで、他のは食べられないけど、うちのりんごは食べることが出来るのだそうです。
あなたがこの園を引き継いでくれて本当に良かったと仰られました。
至福の喜びを感じる瞬間です。
今年も美味しいりんごがお届けできたらいいな。

りんごの剪定

ここのところ剪定作業が続いています。
今は樹を良く見て、考えながらなので、だいぶ時間が掛かります。成る枝、伸ばす枝、来年、再来年を考えて決めていきます。

道法さんの剪定方法、一部で試してみようかな。
ふじよりも、王林とかのほうが向いてそうな気がする。

そういえばこの間、剪定している夢をみた・・・

ちなみに写真は剪定開始前の園です。

2012030716200000

最後のりんご収穫

久しぶりの晴れ間。
最後に残っていたりんごを収穫しました。

雪が15cmくらい積もっていたので、脚立無しでも手が届くのもあり。だけど、2輪車が雪で入らなかったので、りんごの運び出しが面倒でした。やはり雪が積もる前に片付けないとですね(;^_^A

靴下3枚ほど重ねましたが、足の指先が痛かったです。
発熱系の靴下がとても欲しくなりましたよ。

*ブログ右上のFacebookのいいね!ボタンを押していただけると嬉しいです(^-^)

甘味が高じて傷みとなる?

今日は規格外りんごのうち、特に痛みのきているものをジュースにしました。
写真の、りんごのおしりの黒い部分。痛みがきています。

でも、こういうりんごのほとんどは、このように蜜たっぷり入っていて、食べてみても酸味と甘み、ジューシーさが格別なんです。

蜜入り

自家製りんごジュース

冷蔵庫に入れておいた自家製りんごジュース。
しばらくおいてあったようでキャップをあけるとシュワシュワーっと炭酸が・・・

子供たちが歓喜の声をあげて飲んでいました(^-^)
りんごに付着していた乳酸菌や酵母菌の働きなんでしょうか。
もとのフレッシュジュースも美味しかったですが、発酵によりアミノ酸やビタミンが増えてより美味しくなっている感じでした。

子供たちも本物がわかるのだなぁ。

美味しいリンゴの見分け方

美味しいリンゴの見分け方について、ネットで調べてみました。
皆さん色々な意見があるようですが、
総括すると、

1.お尻が色づいている。
 薄い黄色〜薄いオレンジ色
2.お尻が開いている
 これが一番確実かと思います。
3.表面がガサガサしている。
 黄色い星のような模様が出る。つるつるピカピカのはイマイチです
4.透明感が出てきているもの
 これはちょっと分かりにくい。糖度が上がってくると、透けて見えるような感じになります
5.手に持ってズッシリと重く感じるもの
 ま、そのままです。お店では一個一個比較するわけにはいかないと思いますが・・・

といったところで良いのではと自分は考えます。
「真っ赤なリンゴほど美味しい」
と自分も以前は思っていましたが、そうではないですね。

↓ 星が出てる状態です。ガサガサな感じもわかりますかね。
NEC_0021







↓ お尻が開いている状態です。お尻の周りもだいぶ黄色見を帯びています。
お尻開く

りんごカレー

妻に頼んで、りんごカレーを作ってもらいました。
といっても、普通のカレーに、すりおろしりんごをたっぷり入れただけ。
ですが、甘味とコクが増しますね。

子供たちも食べるので、あまり辛くはできませんが、かなりスパイシーにしてもこれなら食べられるでしょう。

規格外リンゴの活用として、ジャム、ジュース、お菓子作りなどがあるかと思いますが、これが一番手軽では?

りんごカレー

自然の恵み、リンゴの収穫。

今日は素晴らしい天気でしたね。
午後から少しだけリンゴ収穫。

手元から落ちて傷ついてしまったリンゴを試食しました。
たっぷり蜜が入り、口の中に入ったとたん、甘味と酸味がジュワーっと広がりました。
(先日、白ひげのおじいちゃんに1個規格外をプレゼントしたのですが、次の日に「甘味と酸味がジュワーっ」といって、追加で購入されていきました)

農薬を出来るだけ減らしたため、昨年までに比べると、早く葉っぱが落ちていますが、それでも十分な糖度があります。

無肥料でもこれだけ甘くなる、自然の恵みに感謝ですね。

NEC_0044

NEC_0022

立派になったなぁ。

りんご、どんどんいい色になってきています。
時々、こんなにも立派なりんごも。
無肥料でもこんなに大きくなるんだなぁと、うれしい驚きです。

NEC_0011

NEC_0010

りんご園の様子です。

りんご園の様子です。ようやく色づいてきました。
4月に話があって、5月からようやく初めての作業を始め、ようやくここまで来ました。
11月の収穫までもう少し。
周りから心配されながらも、慣行の約3分の1の農薬散布で乗り切りました。
ちなみに肥料を入れていません。(無肥料)
りんごの南限である当地では難しいとは思いますが、出来れば3年後をめどに有機JASレベルまでもっていくのが夢です。

NEC_0169
最近のコメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS
記事検索
「もと屋」ネットショップ
自然農園「もと屋」HP
  • ライブドアブログ