自然農園 「もと屋」 〜 自然の恵みと土の力で育った自然栽培のお米、りんご、梨などを農家直送でお届けします 〜

自然栽培で、お米、りんご、梨、柿、栗、梅などを栽培しています。 今後はスモモ、モモ、イチジクや柑橘類なども増やしていく予定です。

自然栽培キウイほか果樹

自然栽培のキウイ収穫♪

今年もキウイが沢山とれました。
無肥料,農薬不使用(食酢の散布1回のみ)です。
20回以上食酢散布しているリンゴが壊滅状態なのに比べ,この差は何なんでしょうか(^^;
やはり,気候風土に適した作物を栽培する,適地適作なのかなぁと考えさせられます。

2015111912070000
2015111912020000
2015111914480001








成り過ぎてちょっと小ぶりな実が多いので,昨年より割安に設定しています。
この機会に自然栽培のキウイをお試しいただければと思います。
http://www.motoya-farm.com/?ca=2

樹上で年越しのキウイ

先日の剪定の際、1つだけ収穫されず残っている果実を見つけました。

12月の大雪、暴風、霜、氷点下に耐え、いまだ落ちずに頑張っている姿に敬意と愛おしさを感じずに居られませんでした。

一般的には霜が降りる前に収穫しないと品質が低下するそうですが、この果実はまったく問題なかったです。
これも「自然栽培」ということが少しは関係しているのかも知れませんね。

10922641_771923499557771_2052850638292842662_n

幻に終わった奇跡の梨「幸水」

ちょっと大げさなタイトルでしたが、
なんと自然栽培2年目にして、「幸水」がほぼ収穫までたどり着きました。これが奇跡的です。
幸水は昨年の夏にすべて葉が落ち、秋に花が咲いていたので、今年は花が咲かないと思っていたのですが、
全体の1割くらいでしょうか、奇跡的に花が咲いた経緯があります。

2014081810110000
これまで順調に生育し、もう少しで美味しい幸水が食べられると期待していた矢先、
まず「先日の台風」で約半数が落果、
さらに、収穫直前になって「ハクビシン」にやられほぼ壊滅となりました。
昨年まではハクビシンの被害は無かったので、大誤算でした。


2014082815380000
その後、ハクビシン対策として、圃場周囲にネットを張り巡らせました。
木登り上手のハクビシンも、このネットは登れまい・・・
これで万全といいたいところですが、イノシシが悪さをしないかと心配しています。

豊水と新高のほうは、これまた葉が落ちず、実も大きくなり続けています。
どうか無事収穫できますように。


P1060685
ハクビシン被害前、わずかに残った完熟前の幸水です。
糖度は低いですが、スッキリした甘みです。食べ比べると慣行栽培のものはヌタッとした甘さとでもいいますか・・・

梨園の様子

今朝は今年自分がお清め(酢散布)した日では一番穏やかな日でした。
朝6時から8時半くらいまでかかるのですが、たいてい半ば過ぎから風が強くなり作業しづらくなるのがこれまでのパターンでしたが、今日は最初から最後まで風にあおられることなく、気持よく作業できました。

さて、芽が出てから約3か月経過した梨園の様子です。
多少病気が出てまずが、今のところ落ち着いています。虫も昨年ほどではないような・・・と淡い期待。
2014070108190000









こちらは昨年の7月上旬の様子。
これを見ると今年とあまり変わりませんね。昨年はここから病気がひどくなり、虫も大量発生しています。
2013070909280000









並びが奇麗だったので撮りました。
2014070117310000

剪定をボチボチ始めています。

コピー 〜 2014020713390001
久々の投稿です。
冬の時期、荒天の日は、室内で加工品作り・事務作業などをやっていますが、今日は天気が良かったので畑で剪定作業をしました。
まずは梨園の脇に植わっている柿の木。1年剪定をしていなかったので、だいぶ枝が混んでいます。
まだ途中ですが、柿だけでも剪定枝は写真の10倍位は出そうです。
梨もこれからだし、リンゴもこれからなので、枝処理の事を考えると、薪ストーブや薪ボイラーが欲しくなります。
でも年中使う事考えると、薪を工面する仕事も増えるし、設備投資もあるので、大変悩むところです。

コピー 〜 2014020713390000


ついに遭遇! ナシ園にて

2013110209540000
久しぶりにナシ園の様子を見に行ってきました。
ナシの方も、リンゴと同じく、一度葉が落ちています(りんごよりも早い時期でした)
秋に来年出るべき芽が吹いて、今はこんな感じになっています。



2013110210060000
秋に咲いた花が、ところどころ実をつけてしまっています。






inoshishi
様子を見終わり、帰ろうとしたら・・・・
「ブヒッ、ブヒッ」 という声が・・・

これまで色々被害に遭ってきて、初めて見るイノシシ。縞模様のウリ坊ばかりだったようです。
子供だけで行動するのでしょうか。
「人間を見ると突進してくる」と聞いていたのですが、こちらの気配に気づくと、逆に逃げて行きました。
親が居たら違ったのかも(^^;

いつも憎々しいと思っていた相手でしたが、実際見ると、短い脚をちょこまかと走る姿は愛嬌がありました。
何とか、被害を受けずに共存していけたらいいですが。

無農薬1年目ナシ栽培の結果。

2013090918020000
無農薬1年目のナシ栽培。

病気や虫害で、葉が落ちてしまったため、実があまり大きくなりませんでした。
かつ、虫にやられて殆どの実が落ちてしまいました。

この様子だと、来年の果実となる花芽もあまり期待できないので、来年も不作が予想されます。
ですが、土が清浄化され、土本来の力を取り戻すまでは致し方ないと考えています。

わずかに残った果実で、ジャムを仕込んでいます。




2013090512370000

傷んだ実から甘い香りがして、スズメバチが大集結!
最初はビビりましたが、そのうち慣れて、頭の上を飛んでいても平気で作業していました。
巣が近くにない場合は、ほとんど攻撃してこないようです。

無農薬梨園のようす

2013080907340000
本日、2回目の草刈りを実施。
堆肥や緑肥、敷き草などの効果か、ようやく瘠せ地に生えるような草が出てきてくれています。
(最初は、コケとスギナだけでした)

本日初めて、天敵であるカマキリを発見!
良い兆候です。
梨のほうも何とか枯れずに頑張っています。
沢山の葉っぱが病気で落ちた上、残った葉も虫に食われまくっている状態です。
ニンゲンで言えば、薬等の禁断症状のような状況だと思います。

今年は収穫をあきらめ、畑の土を育てる年と決めていましたのですが、実際ほとんどの実が病気や虫にやられてダメになってしまいました。

葉っぱ寂しい8月の梨園のようす。
2013080907350000

無農薬だとこんなに虫が発生します

一昨日に酢を散布した際に、だいぶ葉がかじられているのを見ていたので、本日はテデトールの日。

イラガ
こんなの放っておくと、次の日行ったら枝がはげ上がっているくらい、葉を食べています。
小さいうちは、1枚の葉に整列して並んでいるのが何だか可笑しい。
iraga
iraga1








?リンゴでは見ない毛虫も大量発生。
akakemushi







一日中、毛虫と戯れていたせいか体が痒い・・・
多い樹では1本の樹に100匹くらい居て、合計1000匹くらいは昇天させているので、その呪いかも。

梨園作業 イラガ

田んぼの草取りは果てしない感じで、体の疲労を分散させるという意味で、本日は梨園での作業。
昨年まで慣行で管理されていた園なので、土がまだまだ育って来ていない。
春から一度も草刈していないのにこの状況ですよ。
しかし、これ以上放っておくと、周りの視線が厳しくなりそうなので、このあと草を高刈りしました。
2013071106260000







その後、摘果などしていたら、こんなのを発見!
梨の葉も食べるんですねぇ。柿がメインだと思っていました。
(リンゴでは見た事無い)
服の上から刺されてもヒリヒリ。
病気で多くの葉が落ちた上に、だいぶ葉を食べられてしまった。
一難去ってまた一難って感じです。
自然は厳しい。
2013071109500000

梨の開花

地主さんと先日相談して、管理を任されることになった梨園を家族で見に行きました。
ちょうど満開でした。
小さく、白く、丸い花。梨の花を初めて見ました。
りんごも同じですが、葉が出てから花が咲いています。

これから梨栽培を一から勉強です。
コピー 〜 2013042814260002コピー 〜 2013042814310000
最近のコメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS
記事検索
「もと屋」ネットショップ
自然農園「もと屋」HP
  • ライブドアブログ